【融資成功事例】飲食業 1,400万円調達




業種:飲食業


資金使途:設備資金及び運転資金


申込時の自己資金:3,000,000


調達金額:14,000,000


調達金融機関:日本政策金融公庫、地方銀行


融資成功のポイント

当初希望額が1,000万円だったので、日本政策金融公庫1本で考えていましたが、内装費用が思ったよりかかりそうなこと、事業が立ち上がるまでの運転資金を潤沢にしておくために調達希望額を1,400万円に増額することとなりました。


調達希望額が1,000万円を超えることにより、日本政策金融公庫の支店決裁枠を超過したため、中小企業経営力強化資金による融資も検討しましたが、この制度の適用が難しい方だったため、創業融資に力を入れている地方銀行との協調融資を行うこととしました。


融資額が大きいため、金融機関も慎重ではありましたが、ご相談者の「経歴」が調理技術の習得、メニューの作成、店長として新規店舗の立ち上げも行っていたため、その経歴を掘り下げて計画書を作成し、資金繰り計画表も合わせて説明したところ非常に好評価して頂け、面談後1週間で両行から満額の融資を受けることができました。